まずは種類を把握

塗装したばかりの一軒家

洗濯機にはどのようなものがあるか

洗濯機にはさまざまなものがあるといえます。自動でほとんど手間のかからないものからそうでないものなどがあります。従来、日本で普及した二層式などの縦型のものや、アメリカなどで主流のドラム式などがあります。そして大きさもさまざまといえます。また形も案外さまざまです。洗濯機の足の位置もさまざまです。洗濯機は新しいものほど節水を意識したものが開発されてきています。この傾向は変わらないといえます。そして手間のかからない操作を意識したマイコン制御のものが主流となってきています。また洗濯容量に比べて外形の大きさも極力小さくなるような開発がされてきたといえます。また節水を意識して浴槽の水を再利用するための取水機能をもったものも増えてきています。

取付に気をつけなければならないこと

洗濯機の取付で注意しなければならないことは多々あるといえます。大事なことは洗濯機そのものが設置場所に無理なく収まることです。そして電源やアースが確実にとれることです。案外設置場所には水道の蛇口があり、その位置によっては洗濯機が蛇口とぶつかることもあるのです。このことを意識した形の洗濯機もあるのです。また洗濯機の足の位置と排水溝の位置が重なり、足が排水溝をふさいでしまうようなこともあるのです。洗濯機の取付時にはこのような問題が生じる場合があることを想定しておくことです。つまり洗濯機を購入するときにはこような問題が生じないものをものを選択する必要があるといえます。電源コードの取付けやアースを取付けることによって不具合が生じないようそれらの配線類はきちんと処理されていることも大前提です。またお風呂の水の再利用のために風呂場から排水パイプを接続するときにも不具合がおきないようパイプの接続方法もきちんと考えておくことも大事なこととなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加